府中家具は4つの明らかな強みがあり、そのため多くの人から愛されています

目次

塗り工程が丁寧です

家具

府中家具は塗装がとても丁寧で、量産されている家具とは、見る人が見れば明らかに違う仕上がりとなっています。これは、府中の各企業は日々お客様のために塗装の腕を競いあっているからで、細部に至る所まで丁寧な仕事をしているのが特徴です。塗装の仕上がりが良いと、木目の風合いなどが良くなることに加えて、傷に強くなったり変色を防いでくれたりすることが期待できます。

歴史があります

クローゼット

300年以上の歴史があるのが府中家具で、昔の人が、考えたデザインやつくりなどを今の時代に楽しむことができます。昔風に製作されたものとはやはり違い、これが本物の伝統技術で製作された、古きよき時代の家具だと納得できるでしょう。

長く使えます

府中家具は職人中の職人が製作していて、確かな技術、たとえば引き出しの接合部にありぐみなどの伝統的な技巧を取り入れています。そのためきちんと手入れさえしていてれば、長い期間利用することができ、自分の子供の代まで利用することもできます。

素材が違います

豊富な知識と経験を持つスタッフが、木の性質や木目などを見て、府中家具に合う原木を探す所から始まります。そして、3年~5年長い場合だと10年以上の時間をかけて、反りなどが起きないように寝かす作業をしています。

広告募集中